微差圧計 安全サポートプログラム

previous arrow
next arrow
Slider


サービスのポイント

  • 微差圧計が取り付けられた安全な陰圧室
  • 陰圧の見える化による安心と安全

サービスの概要

デジタル微差圧計の取付
陰圧室証明書の発行
現地での陰圧化作業
簡易マニュアル
安心の電話サポート

 

2.5Paが正しく測定できない「アナログ式の差圧計」は使用しません。
2.5Paが一目でわかる「デジタル 差圧計」を使用します。

サービスの説明

★CDCガイドラインに詳しい担当者★

「微差圧計」を取り付けていないメーカーや業者が
CDCガイドラインに詳しいとは思えません。
また、クラスターが起こってからでは間に合いません。
だからこそ、CDCガイドラインに詳しい担当者がお伺いし、
親身になってサポートさせて頂きます。

1)デジタル微差圧計の取付

病室と廊下の間・居室と廊下の間など、
約1㎝の穴を開けて取り付けを行います。
取り付けの高さは、医療機関では床から130㎝~140㎝位が多く、
介護施設では床から130㎝~180㎝位と幅広い要望となっています。

2)陰圧室証明書(*注1)

弊社の基準に照らし合わし、
CDCガイドラインに準拠した陰圧室であることが確認できた際は、
陰圧室証明書」を発行致します。

万が一、クラスターが発生した際には弊社が
「空調」・「換気」・「陰圧」についてサポートします。
*注1:CDCの推奨値である換気回数12回以上/h、陰圧2.5Pa以上が確保できている場合に発行します。

3)陰圧化作業(*注2)

既定の陰圧が確保できていない場合、
陰圧の確保のための軽微な作業を行います。
陰圧化作業だけでなく、
室内全体を確認して運用の助言もさせて頂きます。
*注2:壁やガラス加工を除く軽微な作業で陰圧化をサポートします。軽微な作業での陰圧化が難しい場合、ご相談の上別途料金が発生します。

4)簡易マニュアル

付属のマニュアルだけではなく、
わかりやすい簡易マニュアルをお付けします。

5)電話サポート

メーカー?取付業者?たらい回しの経験はありませんか?
弊社は何よりもアフターサービスを大切にしています。
些細な事でも結構です。
不明な点はなんでも聞いて下さい。