簡易陰圧装置の取付を希望される業者様へ

◆医療機関、介護施設の皆様のお役に立つサポートをめざして◆

*2021年10月18日 更新

協業のご挨拶
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

令和3年10月11日の財政制度分科会において、補助金の「見える化」についての議論がありました。
今後、簡易陰圧装置の補助金について、「適正に使われているか」、「適正な陰圧室になっているか」のチェックを強化していくものと思われます。

弊社といたしましては、簡易陰圧装置を取り付ける業者様との協業を今まで以上に強化し、専門的な知識がなくても簡易陰圧装置を安心して販売および設置して頂ける様、メーカーとしてのサポート体制を一層強化して参ります。

協業によるメーカーサポートの必要性
AIRCLEANシリーズの取り付けを希望される業者様には、全てご自身で取り付けまで完結したいと考えられてる業者様もおられると思います。

しかしながら、
万が一クラスターが発生した際は、都道府県と管轄保健所のご担当者様の立ち入り調査が実施されます。

その際のサポートや設置責任をメーカーである弊社にお任せ頂きたいと考えています。

デジタル微差圧計の設置への理解
CDCガイドラインに準拠した陰圧室の必須アイテムとして、適時陰圧2.5Paを確認できるデジタル微差圧計の設置があります。

0.1Pa単位で表示されるデジタル微差圧計は、CDCガイドラインで推奨されている陰圧2.5Paの数値を適時測定する事が可能です。

デジタルで見やすい微差圧計を設置することは、安全を優先する我々メーカーと取付業者様の共通の責務だと考えています。

協業(分業)内容
窓枠加工もしくはコア等のダクト関連の作業はお任せします。
1~5を弊社が行う事で協力してサポートさせて下さい。
—————-
1, 陰圧室のCDCガイドラインの理解

2, デジタル微差圧計を含む部材の準備
3, 取扱説明などの運用に関するサポート
4, 院内感染が起こった際のサポート
5, 陰圧室証明書の発行
—————-

詳しい分業に関しましては、弊社営業部までお問い合わせ下さい。
03-6808-4575